2013年~2021年度の概要

公表した主たる論文とその概要 1

1) Fukusumi M, et al. Invasive pneumococcal disease among adults in Japan, April 2013 to March 2015: Disease characteristics and serotype distribution. BMC Infect Dis 2017 Jan 3;17(1):2.
2013〜2014年度に研究登録した281例の原因血清型の決定した成人IPD症例について解析した。年齢中央値は70歳、72%に基礎疾患を認め、致命率は20%であった。成人IPDの原因血清型分布において、小児のPCV7導入による間接効果が認められた。

2) Shimbashi R,et al. Epidemiological and clinical features of invasive pneumococcal disease caused by serotype 12F in adults, Japan. PLoS One 2019 Feb 21;14(2):e0212418.
2013〜2017年度の1,277例の成人IPD症例を対象として、2015年に出現した血清型12FによるIPD症例の臨床的特徴について検討した。12F IPD症例と低侵襲性あるいは中程度の侵襲性ポテンシャルを有する血清型のIPD 症例間ではその臨床像に違いが認められた。また、12F IPDの死亡例では、非12F 症例に比較して、より年齢が若く、菌血症の割合が多かった。

3) Shimbashi R, et al. Effectiveness of 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine against invasive pneumococcal disease in adults, Japan 2013-2017. Emerg Infect Dis. 26(19): 2378-86,2020.
2013〜2017年の20歳以上のIPD患者を対象として、Indirect cohort法によって成人IPDに対するPPSV23のワクチン効果について解析した。PPSV23血清型に対するPPSV23の調整したワクチン効果は42.2%であった。研究期間中にPCV13血清型が減少したものの、PPSV23のワクチン効果の変化(47.1%から39.3%)は限定的であり、高齢者での変化(39.9%から39.4%)はわずかであった。小児PCVプログラム導入のPPSV23の成人IPDに対する効果に対するインパクトは限定的であった。

4) Chang B, et al. Distribution and variation of serotypes and pneumococcal surface protein A clades of Streptococcus pneumoniae strains isolated from adult patients with invasive pneumococcal disease in Japan. Front Cell Infect Microbiol. 2021, March 19; 11:617573.
2014-2019年の成人IPD患者由来の1,939株を対象として、Pneumococcal surface protein A(PspA)のcladeの解析を行った。PspA clade の検出頻度はclade 1 (40.5%), clade 2 (15.0%), clade 3(22.8%), clade 4 (19.0%), clade 5 (1.7%),clade 6 (0.3%)であった。Clade 1株の増加とclade 2株の減少傾向が認められた。PCV13およびPPSV23に含まれる主要な菌株はPspA clade 1および3に属していたのに対し、非ワクチン型の菌株はより広域なcladeに分布した。

公表した主たる論文とその概要 2 NEW

5) Chang B, et al. Pneumococcal Meningitis in Adults in 2014-2018 after Introduction of Pediatric 13-valent Pneumococcal Conjugate Vaccine in Japan. Sci Rep.2022, 12(1):3066.
わが国の成人の肺炎球菌性髄膜炎に及ぼす小児PCV13のインパクトを評価するために、2014-18年の侵襲性肺炎球菌感染症症例(n=222 髄膜炎 vs n=1258 非髄膜炎)について解析した。2016-18年の髄膜炎の罹患率( / 10万人人口)は0.20-0.26であった。髄膜炎患者の年齢および致命率は、非髄膜炎患者に比べて有意に低かった。髄膜炎発症のオッズは無脾/脾低形成,脾摘、血清型10Aあるいは23Aで高かった。小児PCV13による間接効果が非髄膜炎症例で認められたのに対し、髄膜炎症例ではPCV13の間接効果は明らかでなかった。髄膜炎由来の222菌株のうち、35.1%はペニシリン耐性であったが、 セフトリアキソン耐性は1.4%であった。また、原因菌株のpbp1bA641C 変異は髄膜炎発症と有意に関連することを確認した。

Association of serotype with meningitis or nonmeningitis cases among adults in Japan during 2014⎼2018.

Percentage of vaccine-covered serotypes in pneumococcal isolates from 1480 adult patients with invasive pneumococcal disease in Japan between 2014 and 2018, stratified by year and disease type.

成人IPD由来肺炎球菌の血清型分布(n=2,307; 2014〜2021年) NEW

成人IPDの血清型特異的罹患率の推移 NEW

2017〜2021年の成人IPD罹患率の推移(ワクチン別、血清型別)

ワクチンタイプ別IPD罹患率の推移(≥15y, N=1,485)

血清型別IPD罹患率の推移(≥15y, N=1,485)

成人髄膜炎由来肺炎球菌のPCG感受性 (n=323; 2014〜2021年) NEW

IPD患者における基礎疾患とワクチン接種歴

  • 2013〜2018年度の期間に10道県で実施した成人IPDサーベイランスにおいて1,702症例を登録し、その基礎疾患について15歳以上の全症例、15〜64歳と65歳以上に分けて表に示した。
    • 15歳以上の全年齢の基礎疾患としては糖尿病が最も多く、次に固形がん(治療中)、ステロイド投与、慢性心室患、自己免疫性疾患等の順であった。65歳以上では基礎疾患を認める症例は72.2%だったが、15〜64歳では57.7%と少ない結果であった。
    • 15〜64歳の主要な基礎疾患としては、糖尿病、自己免疫性疾患、ステロイド投与、慢性肝疾患、固形癌(治療中)と続き、免疫抑制剤投与、脾摘後、先天性無脾/脾低形成、造血幹細胞移植後等が認められている。特に、65歳以上と比べて、15〜64歳において頻度が高い基礎疾患は自己免疫性疾患、慢性肝疾患、脾摘後、造血幹細胞移植後等であった。

まとめ

  • 2014年〜2021年までに2,307例を登録し、各年の主要な血清型の割合の推移を評価した。
    • 2020〜21年(COVID-19パンデミック発生後)の年間症例数は、2017〜18年の年間症例数(n=415)に比較して約60%減少した。COVID-19の飛沫感染対策等の影響と考えられる。
    • 血清型3は減少傾向だが2021年にやや増加,19Aは明らかに減少
    • PCV13, PPSV23のカバー率の差は22%まで縮小し、PPSV23のカバー率は45%まで低下した。
  • 特定の血清型の顕著な罹患率増加は認められなかった。2017〜2019年では非ワクチン血清型(15A, 23A, 35B)が増加。
    • 継続的なモニタリングが必要である
  • 国内の肺炎球菌性髄膜炎の臨床像、血清型の特徴、原因菌の薬剤感受性を明らかにした。